練馬区 西東京市 【保谷駅】北口徒歩1分 内科・神経内科 みわ内科クリニック  TEL 042-438-7188  
みわ内科クリニック 内科・神経内科
TOP ごあいさつ 診療理念 院内紹介 脳をまもる 神経内科外来
アクセス 診療時間 診療内容 ニュース リンク その他
脳梗塞外来   物忘れ外来   パーキンソン病外来   頭痛外来   めまい外来 
しびれ外来   高次脳機能障害外来   ジストニア外来・ボツリヌス注射療法


神経内科は、脳、脊髄、手足の神経などの病気を
専門的に診療する科です。

脳梗塞、脳虚血発作などの脳血管障害
認知症(アルツハイマー病など)
パーキンソン病、パーキンソン症候群
本態性振戦
脊髄小脳変性症
多発性硬化症
ギラン・バレー症候群
多発性神経炎、筋萎縮症
てんかん
正常圧水頭症
重症筋無力症

などの脳・神経の病気の専門的診療を行います。

「神経内科」についてもっと知ろう


頭痛
めまい
しびれ
歩行のふらつき
物忘れ
のみこみにくい
くしゃべりにくい
動きがにぶい
ぼーっとする
ふるえ、けいれん

などの症状がある場合に、専門的に診断し、治療するのが神経内科です。
 脳梗塞外来

脳梗塞は予防が大切です。
脳をまもる」必要があります。

しかし、ひとたび脳梗塞になれば、もっとも大切な問題は「再発を防ぐ」ことと「リハビリテーション」です。再発防止には、脳梗塞を引き起こした原因である生活習慣病高血圧糖尿病高脂血症高尿酸血症など)を適切に治療しなければなりません。高血圧だからといっても急に下げてはいけない場合もあります。

個々の患者さんにとって、もっとも適切な治療を考える必要があります。再発予防薬にもいろいろありますから、適切なものを服用しなければ効果がありません。

「脳をまもる」についてもっと知ろう


 脳卒中についてもっと知ろう

脳梗塞のリハビリテーションは、失われた機能を回復するためのもの(機能回復訓練)だけではありません。

失われた機能を補い、残された機能を最大限に生かして新たな生活(日常生活、社会生活)に復帰していく方策を考え、実践することでが大切です。

脳梗塞の患者さんの再発予防と生活指導、メタボリック・シンドロームの管理、後遺症に対するリハビリテーション、介護支援など、私が国立身体障害者リハビリテーションセンターにおいて得た診療経験が、お役に立てればと思います。

 高血圧についてもっと知ろう
 糖尿病についてもっと知ろう
 高脂肪血症についてもっと知ろう
 メタボリック・シンドロームについてもっと知ろう
 生活習慣病についてもっと知ろう
 物忘れ外来

物忘れがある場合、正常の老化現象か、病気(認知症)であるかの区別は重要です。さらに、認知症には、治療可能なもの(ビタミンやホルモン欠乏、正常圧水頭症やなどです)がありますから、見逃さないようにしなければなりません。

アルツハイマー病では、病気の進行を遅らせる薬もあります。

まずは、物忘れが老化現象なのか、認知症なのかを調べることから始めましょう。


 認知症を疑うチェックリスト

アルツハイマー病の場合、その程度によって対処の方法はさまざまです。

生活全般に対する注意、問題行動に対する対処、ご家族の対応のあり方、介護保険の有効利用法など、適切に対処するには個々の患者さんに応じた対処が必要です。

認知症の患者さんが安心して生活するためには、ご家族の援けが必要です。患者さんのご家族の方、介護される方のご心配事もご遠慮なく相談ください。

 認知症についてもっと知ろう

 パーキンソン病外来

パーキンソン病の第一歩は正しい診断です。正しい診断の後に、長期的な展望をもった薬物治療が必要です。

日本神経学会(神経内科の学会です)が作成した「パーキンソン病治療ガイドライン」は治療方針の基本ですが、実はそのガイドラインこそ、個々の患者さんごとに細かな対応が必要であることを強調しています。

パーキンソン病は、薬以外の治療法が大切であることもわかってきました(もちろん、最適な量、最適な薬物療法がなされていることが大前提です!)。

病状の進行を防ぐためにも、くすりの服用だけでなく、非薬物療法(前向きなライフスタイル維持、運動療法など)を積極的に行う必要があります。

病状に応じまして、難病申請(特定疾患)や身体障害者手帳(肢体不自由)申請を行います。

 パーキンソン病についてもっと知ろう
 治療、リハビリについてもっと知ろう

 頭痛外来

慢性の頭痛を適切に対処できずに長年苦しんでおられる患者さんがいます。このような頭痛は、いわゆる痛み止めだけの対処では十分な改善が得られません。血管が原因の頭痛(片頭痛)と筋肉が原因の頭痛(緊張型頭痛)では、そもそも原因も治療法も異なります。

 当クリニックの頭痛の問診票です。ご記入の上、お持ちくださっても結構です。
   【頭痛外来】の問診票

片頭痛には特効薬(トリプタン製剤)があります。いずれにせよ、慢性の頭痛の治療には、まず正しい診断が前提です。

頭部画像診断(MRIやCTなど)を行う必要がある場合には、当クリニックから検査機関に検査依頼・ご紹介いたします。
 めまい外来

めまいの原因はさまざまです。脳の病気(脳梗塞や脳動脈硬化など)のこともあれば、耳鼻科の病気(メニエル病)、頚椎の病気(頚椎症)、うつ病などが原因のことがあります。
 

めまいの特徴を知り、神経内科の診察を行って、何が原因かを明らかにすることが治療のスタートです。

頭部画像診断(MRIやCTなど)や耳鼻専門医による治療を行う必要がある場合には、当クリニックからご紹介いたします。
 しびれ外来

一口にしびれと言っても、その症状はも患者さんごとにさまざまです。手足がピリピリとする場合から、手足がうまく動かない場合(麻痺)まであります。

 「手のしびれ」についてもっと知ろう

手のしびれの場合、頚椎に異常がある場合もあれば、手根管症候群といって手首の部分に異常がある場合もあります。また糖尿病が原因のこともあります。しびれの特徴を知り、神経内科の診察を行って、何が原因かを推定することが治療のスタートです。

 「手根管症候群」のチェックリスト
 高次脳機能障害外来

高次脳機能障害は、忘れっぽい、不注意でミスが多い、物事を順序だってできない、行動がちぐはぐになってしまう、などの症状や、左半分をを無視するようになったり、道具をがうまく使えなくなった、知っている言葉が出ない、言葉の内容がわからないなどの症状があります。
 これらの症状は、周囲から理解されにくく、また本人も症状に気づきにくいため、やる気の問題や性格の変化などと誤解されている場合があります。


脳梗塞や脳出血、頭部外傷(交通事故や転落などのケガ)が原因でおこります。手足の麻痺がないと、見逃されることが多くなります。気になる症状がある場合には、まず受診し相談してください。

私は、国立身体障害者リハビリテーションセンターでは、高次脳機能障害のリハビリテーションと支援の方法について取り組んできました。この経験を高次脳機能障害の診療にいかして取り組みたいと考えています。


 高次脳機能障害についてもっと知ろう
 ジストニア外来 および ボツリヌス注射(ボトックス)療法

ジストニアという症状はさまざまです。字を書くとき(書痙)、タイプするとき、楽器を演奏する時など特定の動作において、筋肉が過剰に緊張して指が曲がったり動かなくなったりすることもあります(職業性ジストニアまたはクランプ)。
ボツリヌス注射療法は、瞼が閉じてしまって開けられない(眼瞼痙攣)、顔がぴくぴくとしてゆがんでしまう(片側顔面痙攣)、首が自分の意思と無関係に横を向いてしまう(痙性斜頸)などの不随意運動(ジストニア)の治療法です。

ボトックスを局所的に注射することによって、筋肉の緊張を緩和する治療法です。

 ボトックス治療についてもっと知ろう
 職業性ジストニアついても知ろう
  「神経内科外来」のページのTOPに戻る
 TOPに戻る
TOP ll ごあいさつ ll 診療理念 ll 院内紹介 ll 脳をまもる  ll 神経内科外来
アクセス  ll 診療時間  ll 診療内容 ll ニュース ll リンク ll  その他

内科・神経内科 みわ内科クリニック 練馬区 西東京市 電話 042-438-7188