ごあいさつ


保谷駅北口に、みわ内科クリニックを開院させていただいております。かかりつけ医として地域の皆様の健康を守るお役にたちたいと思っております。また、生活習慣病を治療し、「脳を守る」ための予防医療にも力を注ぎたいと考えております。神経内科専門医として、頭痛、めまい、しびれ、脳梗塞、もの忘れ、パーキンソン病などの脳神経の病気の専門的診療に努めたいと考えております。

地域の皆様から信頼をいただけ、来院されます患者さんに安心していただけるようなクリニックをめざします。どうぞよろしくお願いいたします。


医師

三輪 隆子 (みわ たかこ)/ 医療法人社団エキップ理事長

認定内科医 神経内科専門医 
身体障害指定医(肢体不自由、音声言語、平衡機能障害)

静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。昭和59年、信州大学卒業後、信州大学第3内科入局。佐久総合病院、東京都立神経病院、狭山神経内科病院等にて、神経疾患、難病の診療に従事しました。平成7年、国立身体障害者リハビリテーション病院 神経内科医長に就任。平成19年1月 「みわ内科クリニック」を開院いたしました。

これまで、内科全般の診療とともに、神経内科専門医として働いてまいりました。特に、国立身体障害者リハビリテーションセンターにおいては、脳梗塞、パーキンソン病、頭部外傷など、障害を持った患者さんのリハビリテーションのほか、社会復帰、療養や介護など福祉的な問題にも積極的に取り組んで参りました。この中で、生活習慣病の管理、予防医療の必要性を実感するとともに地域の中で、病気を予防し、治療を継続し、病気や障害を持っていても、安心して日常生活・社会生活がおくれることの大切さを強く感じるようになりました。地域の皆様から信頼をいただけるよう頑張ります。

三輪 英人(みわ ひでと)/ 院長

認定内科医 神経内科専門医 認知症学会専門医 身体障害指定医(肢体不自由)

大阪府堺市出身。昭和59年、宮崎医科大学卒業後、順天堂大学脳神経内科入局。以後、順天堂大学脳神経内科講師、和歌山県立医科大学神経内科准教授、順天堂大学医学部附属練馬病院脳神経内科科長(先任准教授)を経て「みわ内科クリニック」院長。

順天堂大学時代には、楢林博太郎名誉教授、水野美邦名誉教授のお教えを受け、和歌山県立医科大学では、近藤智善名誉教授のご指導の下、神経内科学の臨床、教育、研究を続けてまいりました。パーキンソン病をはじめとする神経内科の病気の原因解明、新しい治療法の開発を研究テーマにしています。また、ボツリヌス局所注射療法(ボトックス注射)の経験も豊富で、注射手技講習会の講師も務めておりました。地域の皆様のお役に立てればと期しております。どうぞよろしくお願いいたします。