生活習慣病とその対策
生活習慣病とその対策 高血圧 糖尿病
メタボリック・シンドローム 高脂血症 高尿酸血症

 

みわ内科クリニックTOP生活習慣病とその対策メタボリックシンドローム

メタボリック・シンドロームについて知ろう
 (メタボリック・シンドロームQ&A)


Q1.メタボリック・シンドロームって何ですか?
Q2.メタボリック・シンドロームは何が困るのですか?
Q3.メタボリック・シンドロームはどうしてわかるのですか?
Q4.メタボリック・シンドロームの予防はできますか?
Q5.メタボリック・シンドロームの治療は何をするのですか?


Q1.メタボリック・シンドロームって何ですか?


 内臓脂肪が蓄積することにより、さまざまな生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症など)を引き起こしている状態のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。

内臓脂肪の蓄積が細胞でのインスリンの働きを悪くする(インスリン抵抗性)ことが悪さをするといわれています。

肥満は、体のどの部位に主に脂肪がついているかによって、2つのタイプに分けられます。

内臓の周囲に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」と、下腹部、おしり、太ももなどの皮下に脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」です。

このうち、メタボリックシンドロームで問題となるのは内臓脂肪型肥満です。


体質も関係していますが、過食、運動不足などの生活習慣が原因と考えられています。

メタボリックシンドロームになりやすさチェック



Q2.メタボリックシンドロームは何が困るのですか

 
メタボリックシンドロームにより動脈硬化が起こりやすくなります。動脈硬化が放置されると、脳や心臓、腎臓など重要臓器が大きなダメージを受け、脳卒中・心筋梗塞・腎臓病(腎硬化症)などを起こします。

心臓疾患、脳卒中は日本人の死亡原因の第2位と第3位であり、介護が必要になる原因の第1位は脳卒中です。






メタボリックシンドロームの人は、それぞれは軽くても、糖尿病・高血圧・高脂血症などの動脈硬化の危険因子をいくつも持っています。

これらの危険因子は重なり合うことで、心臓疾患や脳卒中を起こす危険はさらに増加します。これらの危険因子が3つ以上ある場合は、心筋梗塞や脳卒中になる可能性が、正常な人の30といわれています。

(左図を参照ください)

Q3.メタボリックシンドロームはどうしてわかるのですか?


まず内臓脂肪の蓄積を見つけることが大切です。

皮下脂肪型肥満と違い、見た目は一見太っていないように見えて内臓に脂肪がたまっていることがあります。内臓脂肪量の測定は正確には腹部CT検査が必要になりますが、へそ周囲の腹囲を測ることで推定できます。男性は85cm以上、女性は90cm以上が、内臓脂肪面積100cm以上相当し、メタボリックシンドロームの診断基準にあてはなります。この際、腰のくびれたところでなく、へその上で腹囲を測ることが大切です。洋服のウェストサイズを測るときとは違うので気をつけましょう。

その他、血圧測定、血液検査が必要です。最低でも年に1回は血液検査を受けましょう。右上の図1にメタボリックシンドロームの診断基準を示しました。



健康診断の結果、
メタボリックシンドロームと診断されたら、

必ず医療機関を受診しましょう。

Q4.メタボリックシンドロームの予防はできますか?


生活習慣を改善し、内臓脂肪を減らすことでメタボリックシンドロームを予防し改善させることができます。体重や腹囲を定期的に測り、肥満に陥らないよう生活習慣を変えていきましょう。

改善のポイントは、『バランスの取れた食事を腹八分目』『適度な運動』です


メタボリックシンドロームを防ぐ食生活の基


食事は腹八分目
適正体重を保ち肥満にならないようにしましょう。

脂っこいもの、甘いもの、塩辛いものは控えめに

野菜をしっかり摂りましょう

栄養バランスのよい食事

ゆっくり噛んで食べましょう

規則正しく食事をしましょう
朝食は抜かない、夜食は控えましょう

アルコールはほどほどに


適度な運動をしましょう

適度な有酸素運動により、とりすぎたエネルギーを消費し脂肪の蓄積を防ぐことができます。短時間でも毎日続けていくことが大切です。まずは、歩くことからはじめてみましょう。

その他、禁煙やストレスをためないことも大切です。







生活習慣病は長年の生活習慣の積み重ねによって起こります。
体質が遺伝するだけでなく、ともに生活する家族は生活習慣も似ています。

家族全体で生活習慣を見直し、できれば子供のときから予防に努めましょう。


生活習慣病は家族みんなの問題です。




運動の基本は「歩くことです」
今日はあんまり身体を動かしていないな、と思ったら、駅を一つ二つ手前でおりて歩いて帰りましょう。主婦なら、遠いスーパーマーケットまで歩いていってみてはどうでしょうか。



「メタボリック・シンドロームについて知ろう」のページのTOPの戻る
  生活習慣病とその対策のTOPへ戻る  
TOPに戻る
TOP ll ごあいさつ ll 診療理念 ll 院内紹介 ll 脳をまもる  ll 神経内科外来
アクセス  ll 診療時間  ll 診療内容 ll ニュース ll リンク ll  その他


内科・神経内科 みわ内科クリニック 練馬区 西東京市 電話 042-438-7188