神経内科の病気
本文へジャンプ  

 

みわ内科クリニックTOP神経内科の病気本態性振戦


本態性振戦


本態性振戦は最もよくある「ふるえ」の病気です。ここではQ&A方式で要点をまとめてみました。ご参考にして下さい。

1. 「本態性振戦」って、どういう病気ですか?

Q2. 「本態性」って、どういう意味ですか?

3. 「本態性振戦」の症状は?

4. 生命に関わる怖い病気ですか?

5. 放っておいても大丈夫ですか?

6. どういった治療がありますか?

7. 遺伝しますか?

8. アルコールを飲むと「ふるえ」が楽になるのですけれど?

9. 注意することは何ですか?


Q1. 「本態性振戦」って、どういう病気ですか?
原因となる病気がないのに「ふるえ」だけがあるというものです。「ふるえ」の原因として最も多いもので、100人に1人から2人(12%)は本態性振戦と言われています。
「ふるえ」で有名な病気として、パーキンソン病が知られていますが、実際には「本態性振戦」の方が多いです。
 
一口メモ。
Q2. 「本態性」って、どういう意味ですか?
医学用語で原因不明という意味です(ちなみに、「本態性という言葉は、高血圧にも使われています。原因がはっきりせず、体質で高血圧になる場合、本態性高血圧と言われます。多くの高血圧が本態性です」。本態性振戦は、「ふるえ」の病気ですが、「ふるえ」以外には悪いところはありません。つまり、「ふるえ」の体質と言えるでしょう

3. 「本態性振戦」の症状は?  
* 手のふるえ字を書こうとするとペンを持つ手がふるえてしまうはしを持つ手がふるえてつかめない乾杯する時、ビールをつぐ時など水の入ったコップを持つとふるえる。じっとしているとふるえない。
* 声のふるえ特に人前で話すときに声がふるえてしまう。)
* 頭のふるえ頭や頚が細かくふるえる。)

ふるえは、人前であったり、緊張したり、ストレスがあると特にひどくなりますが、それ以外には困った症状がありません
渦巻きを書くと手のふるえが記録できます
Q4. 生命に関わる怖い病気ですか?
生命に影響はありません。脳にも異常はありません。認知症になったり、寝たきりにもなりません。「ふるえ」だけが症状です。動作がにぶくなったり、遅くなったり、歩く時にふらついたり、することもありません。
 しかし、「ふるえ」がひどくなると、日常生活に差しつかえます。「ふるえ」は人前でひどくなるので、精神的プレッシャーを感じて、悩みを抱えるようになることもあります。
5. 放っておいても大丈夫ですか?
日常生活に問題がなければ様子をみていて大丈夫です。症状の程度も千差万別で、軽い人から重い人までさまざまです。しかし、「ふるえ」のために生活に支障がある場合や、ふるえに悩みを感じる場合には、治療を行ないます。

6. 治療法がありますか?

治療薬としては、交感神経遮断薬(アルマール)という薬が有効です。しかし、心臓が悪い人や、低血圧の人、喘息がある人、高齢者では副作用が出るので使えません。その他にも、数種類のくすりが有効です。
 いずれの薬も眠気やふらつき、血液や肝臓の障害など副作用が出ることがあります。したがって、治療効果の評価とくすりの量の調節が必要です(症状が高度の場合には脳の手術が行なわれる場合がありますが、これに関しては慎重な医学的判断が必要です)。
交感神経遮断薬(βブロッカー)は、高齢者、心臓の悪い人、喘息のある人では飲めません。

Q7. 遺伝しますか?
欧米の統計では、約4割の患者さんで、両親や親戚の方にも同様の症状があると言われています。高血圧や糖尿病と同じように、体質が受け継がれると考えて下さい。

ふるえの体質は遺伝することがあります。

8. アルコールを飲むと「ふるえ」が楽になる?

本態性振戦では、少量のアルコールを飲むと、ふるえが軽くなることがあります。しかし、これはアルコール依存症「アルコール中毒」とは関係ありません。アルコール依存症でも、手がふるえたり、酒が切れるとふるえがひどくなることがありますが、本態性振戦とは全く関係のないものです。

アルコール中毒とは関係ありません。
9. 注意することは何ですか?
何度も申し上げますが、「本態性振戦」は、あくまで良性の病気(体質)ですので、上手につきあっていく必要があります。過剰に深刻になる必要はありません。しかし、「ふるえ」のために日常生活に支障がでたり、職業等によっては社会生活に支障がでる場合もあります。人前で「ふるえ」がひどくなるので悩んでおられる方も多いです。
まず、「本態性振戦」であると正しい診断を受けることが大切です。その上で、どう治療・対処するのかを医師と相談していただきたいと思います。
ふるえと上手に付き合っていくこと。正しい診断をうけること。が、大切です。
クリニックからのメッセージ

 ふるえの病気にはさまざまな原因があります。思い込みや素人判断は危険です。別の病気が潜んでいる可能性があるからです。また、一見すると「本態性振戦」と見分けがつきにくい病気があることも事実です。特に、以下の病状では「ふるえ」が出ることがあり注意が必要です。これらの病気には、見逃されていると深刻な状態になる病気もあります。


パーキンソン病(パーキンソン症候群含む)、脳梗塞、脳出血、多発性硬化症、ウイルソン病(身体に銅がたまる病気)などの脳の病気。これらの病気では、「ふるえ」が目立つ場合がありますが、診察すると「ふるえ」以外の症状が見つかります。

字を書くときだけに「ふるえ」が出る場合には、書痙(しょけい)と呼ばれる病気のことがあります。これは本態性振戦とは別の病気です。


甲状腺機能亢進症(バセドー病、橋本病など)。これは甲状腺というホルモンの病気ですが、初期の症状として、手のふるえがおこります。


くすりの副作用(喘息のくすり、精神安定剤など)でふるえることも多いので要注意です。

「ふるえ」でお困りの方は、専門家(神経内科専門医)の診察を受けることをおすすめします。「ふるえ」の病気は神経内科医が診察すると区別できます。


   
TOPに戻る

TOP ll ごあいさつ ll 診療理念 ll 院内紹介 ll 脳をまもる  ll 神経内科外来
アクセス  ll 診療時間  ll 診療内容 ll ニュース ll リンク ll  その他
内科・神経内科 みわ内科クリニック 練馬区 西東京市 電話 042-438-7188