神経内科の病気
本文へジャンプ  

 

みわ内科クリニックTOP神経内科の病気手根管症候群


手根管症候群について知ろう


【手根管症候群】は、頚椎の病気とならんで、手のシビレの最も多い原因の一つです。しかし、正確に診断・治療されていない場合も多く、何年も苦しんでおられる患者さんも多いのが現状です。
【手根管症候群】
についてQ&Aで説明したいと思います。

Q1.手根管症候群って何ですか?

Q2.手根管症候群の原因は?

Q3.手根管症候群はどんな症状がありますか?

Q4.どのように診断しますか?

5.どのような検査を行いますか?

6.治療は?どんなことに気をつけたらいいですか?



Q1.手根管症候群って何ですか?

手のしびれの原因として、特に多い代表的な病気です。
手の神経(正中神経)は、束になって手首の手根管というトンネルを通るのですが、このトンネルの中で神経が圧迫されることにより「しびれ」や「痛み」、さらには「指の動き」がわるくなったり、「筋肉のやせ(萎縮)」がみられます。


手のしびれは、親指からくすり指の4本に強く、決して小指はしびれないという特徴があります。これは、なぜかというと、下図に示すように、手根管部で圧迫される正中神経が親指からくすり指(厳密にはくすり指の半分)を支配しており、小指とくすり指の小指側半分はもう一つの神経(尺骨神経といいます)に支配されているからです。



Q2.手根管症候群の原因は?

手根管の部分が狭くなって神経が圧迫されるのが手根管症候群ですが、なぜそのようなことがおきるのか?について原因不明のことが多いです。
原因不明の場合は、両方の手がしびれることが多いです

女性に多く、妊娠・出産と関連して症状が出ることがあるので、女性ホルモンと関連する可能性もあると言われています。

そのほか、糖尿病、甲状腺機能低下症、リウマチ、腎不全(透析)、アミロイドーシス、自己免疫疾患などと関連して生じることが知られています。

しかし、手を酷使することが明らかに手根管症候群を悪化させることは事実です。女性は家事や育児など手首を酷使しているので、この病気にかかりやすいのかも知れません。

Q3.手根管症候群はどんな症状がありますか? 

正中神経が傷つくことによる特徴的な症状が現れます。

① 手のシビレ
指のしびれ、
特に夜間、早朝に強いしびれが特徴です。
ここで「シビレ」につうての重要なポイントがあります。
・ 親指からくすり指の半分(中指側)がしびれる。
・ 4本すべてがしびれない場合もある。
  (たとえば、人差し指と中指にしびれが強い人もいます。)
・ 
小指はしびれない
・ 手のひらだけしびれ、
手の甲はしびれない

② 手の筋肉のやせ
症状が進むと、親指の付け根の筋肉(母指球筋)がやせてきます。
ボタンをかける、つまむなどの指先の細かい動作が困難になります。


ここで注意すべき点は
症状が進んでいるにもかかわらず、むしろシビレが軽くなったように感じることがある」ということです。

どういうことかいうと、シビレを我慢しすぎていると、だんだんとシビレが軽くなり、筋肉の萎縮が進んできて、知らない間に進行してしまっている、ということも起こりえます(こうなると回復は期待できません)。

したがって、早期に的確に診断されることが大切です。

Q4.どのように診断しますか?
手根管症候群を診断・評価をする上で、要なポイントは3つあります。

1.そもそもも、手根管症候群か?
2.原因は何か?
3.ほかの病気(頚椎の病気など)の合併がないか?



手根管症候群かどうか

手のしびれの特徴から手根管症候群を疑います。
典型的な場合は、お話を聴くだけでもかなり診断できます。
手根管症候群を疑われる場合には、以下のようなポイントで診察を行います。簡単にご紹介します。

感覚神経の障害が正中神経に限局しているのか?

 ○ しびれが親指からくすり指の半分(中指側)であるか?
 ○ この部分の感覚に障害があるかどうか?
 ○ 小指とくすり指の半分(小指側)には感覚の異常がない!

運動神経の障害が正中神経に限局しているかどうか?
 ○ 親指の付け根の筋肉(特に外側)がやせていないか?

その他、参考になる診察ポイント
として以下のものがあります。
・ ティネル徴候
これは、手首の真ん中(手根管のある部分)を診察用ハンマーで軽くたたくと、親指からくすり指にかけてしびれが走る、というもの。
・ ファーレン徴候
これは、胸の前で、手の甲と手の甲を合わせる姿勢をとると、手のしびれが強まる、というもの。
        

*つまようじテスト
これは、私どもがおすすめする方法で、つまようじの先端で指先をちくちくする方法です(簡単でわかりやすいので、やってみて下さい)。

① まず、親指や人差し指、中指の先をちくちくしたときの感覚と小指の先をちくちくした時の感覚を比較してみて下さい。明らかに差があれば(つまり、小指の感覚が正常だな、と思えれば、手根管症候群の可能性ありです。
② つぎに、くすり指を調べます。くすり指の小指側と中指側をちくちくしてみて下さい。明らかに、中指側の方をちくちくする時にジーンとしたしびれがあったり、鈍い感じがすれば、手根管症候群の可能性大です。


 このテストは、正中神経の感覚に異常がある、ということを明らかにするためのテストです。

原因は何か?
 手根管症候群の原因で一番多いものが原因不明(特発性といいます)です。その他、Q2で述べたような原因がある場合がありますから、必要に応じて採血を行い原因を調べる必要がある場合もあります。

ほかの病気の合併はないか
 手根管症候群があるからと言って、他の病気も合併していることがありますので注意が必要です。一番問題となるのは、頚椎の病気です。手根管症候群と頚椎症の合併は、ダブルクラッシュとも呼ばれることがあり、一方だけ治療してもうまくいかない場合があったり、他方の症状をマスクしていて病気を複雑にしていることが時にありえます。これは慎重に診察することによって区別していく必要があります。

 しかし、申し上げたいことは、
本当は手根管症候群なのに、頚椎症と診断されている場合が圧倒的に多い、ということです。ある程度の年齢になってくると、背椎は変形してきますので、レントゲンやMRIで調べれば、「たたけばホコリが出る」ように異常がみつかりやすいです。

頚椎症との合併は診断上の重要なポイントですが、実は、手根管症候群の方が一方的に見逃されているようです。

5.どのような検査を行いますか?

 手根管症候群の補助検査のもっとも標準的な検査法は、神経伝導速度検査です。手首のところを電気で刺激して、手根管の部分で神経の流れが悪化していることを確認するすることができます。患者さんによっては電気刺激が苦手、辛いという場合もありますが、少々の辛抱です(検査の電気刺激は人体に無害です)。

 また、最近では、手根管での神経の圧迫やむくみを画像で明らかにする試みもなされています。MRIや超音波検査が有効です。コストの面からは超音波検査が有効です。超音波検査で観察すると、手根管の部分の正中神経がむくんで腫れているのがよくわかります。神経伝導速度検査で、正常か異常か判定がむずかしい場合でも、超音波検査で神経のむくみが明らかにされる場合もあります。

 
症状と診察、それに神経伝導速度検査超音波検査を組み合わせると、診断の正確さはいっそう高くなり、信頼性が向上します。

6.治療は?どんなことに気をつけたらいいですか?

適切な対応と生活環境の調製が大切です

生活環境の中で、適切な対応を行うことにより、自覚症状を徐々に減らしていくことができます。


手首の安静を保つ
ギプス、サポーターなどを用いて、手首をあまり曲げたり伸ばしたりしなくてもすむようにします。つまり、手首を安静に保つようにします。特に、夜間、睡眠中には必ず固定具を用いることが有効です。


飲み薬(消炎鎮痛剤、ビタミン剤)の使用
症状が強い場合、痛みが強い場合には、いわゆる痛み止め(消炎鎮痛剤)を使用します。また、ビタミンB12製剤も有効です。


ステロイド注射
手首の手根管に直接、ステロイド剤を注射する場合もあります。これは、神経を誤って傷つけてしまう場合もありえますから、繰り返し行えません。

手術治療
症状が強い場合、または慢性的に長期に及んでいる場合(手指の運動が困難になっている、感覚が高度に低下している、親指の根元の筋肉がやせてしまっている)には、手術が選択されます。整形外科(特に手の外科の専門医)に相談しなければなりません。



「手根管症候群」のページTOPへ戻る
   
TOPに戻る

TOP ll ごあいさつ ll 診療理念 ll 院内紹介 ll 脳をまもる  ll 神経内科外来
アクセス  ll 診療時間  ll 診療内容 ll ニュース ll リンク ll  その他
内科・神経内科 みわ内科クリニック 練馬区 西東京市 電話 042-438-7188